特集

広島|第26回参院選

2022年夏の参院選・広島に関するニュースをまとめています。

特集一覧

参院選2022

自民・宮沢氏、盤石の3選 無所属・三上氏が初当選 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
当選確実となり支援者にあいさつする宮沢洋一氏(中央)=広島市中区で2022年7月10日午後8時6分、大西岳彦撮影
当選確実となり支援者にあいさつする宮沢洋一氏(中央)=広島市中区で2022年7月10日午後8時6分、大西岳彦撮影

 10日投開票された参院選広島選挙区(改選数2)は、自民党現職の宮沢洋一氏(72)が3選。立憲民主、国民民主、社民各党の県組織などでつくる「結集ひろしま」の支援を受けた無所属の三上絵里氏(52)は初当選を果たした。過去最多の10人による混戦。宮沢氏は組織戦を展開し序盤から優位に立ち、幅広い年代の支持を集めた。三上氏も推薦を受けた3党や無党派層を中心に浸透した。日本維新の会の森川央氏(46)、共産党の中村孝江氏(36)らは及ばなかった。当日有権者数は231万3406人、投票率は46・79%。【手呂内朱梨】

この記事は有料記事です。

残り1566文字(全文1820文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集