特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

YouTuberが政界に 参政党とNHK党、支持者にみる議席獲得の要因

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ガーシー氏(右下の画面)の当選が確実になり、喜ぶNHK党の立花孝志党首(中列左端)ら=東京都港区で2022年7月11日午前2時、小出洋平撮影
ガーシー氏(右下の画面)の当選が確実になり、喜ぶNHK党の立花孝志党首(中列左端)ら=東京都港区で2022年7月11日午前2時、小出洋平撮影

 参院選では、国政選挙に初めて候補者を立てた政治団体の参政党と、選挙前は1議席だったNHK党が、比例代表でそれぞれ1議席を獲得した。両党は、公職選挙法などが定める政党要件も満たした。有権者は両党のどんな主張に共感したのか。

支持者「『陰謀論』と言われるが」

 参政党は2020年に結党。外国企業による土地・企業買収の規制など保守色の強い政策を打ち出す一方、政府のワクチン政策を批判している。当選を決めた神谷宗幣(そうへい)氏(44)は同党の事務局長。大阪・吹田市議を務めた後、13年にユーチューブで政治や歴史などを扱う教養系番組の配信を始め、知名度を高めた。

 選挙戦最終日の9日。東京・池袋であった神谷氏の街頭演説には、数百人ほどの人だかりができた。ユーチューブを見て関心を持ったという東京都の会社員女性(47)は…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文934文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集