特集

第26回参院選

2022年夏の参院選は6月22日公示、7月10日投開票。関連するニュースをまとめています。

特集一覧

節電、燃料高騰、サハリン2…岸田政権が直面するエネルギー問題

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党開票センターで花がつけられた当選確実の候補者のボード前に立つ岸田文雄首相=東京都千代田区の同党本部で2022年7月10日午後10時56分、竹内幹撮影
自民党開票センターで花がつけられた当選確実の候補者のボード前に立つ岸田文雄首相=東京都千代田区の同党本部で2022年7月10日午後10時56分、竹内幹撮影

 参院選に勝利した岸田文雄政権は、地政学リスクで揺れる日本のエネルギー安全保障をどのように確保するか、という難題に直面する。ロシアのウクライナ侵攻などの影響で化石燃料の調達や電力の供給が不安定化し、エネルギー価格の高騰が企業や家計にのしかかるなか、資源小国ニッポンの針路が問われている。

ロシアが揺さぶる「サハリン2」権益

 岸田政権がまず直面するのは、極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」で日本が持つ液化天然ガス(LNG)権益の行方だ。

この記事は有料記事です。

残り2088文字(全文2312文字)

【第26回参院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集