特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、街頭演説中の安倍晋三元首相が銃撃され、死亡しました。閣議決定された「国葬」にも疑念が……。

特集一覧

台湾の副総統が来日、安倍氏宅弔問 日台断交以来、最高位

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
弔問で安倍晋三元首相の自宅を訪れた台湾の頼清徳副総統=東京都渋谷区で2022年7月11日午後2時36分、手塚耕一郎撮影
弔問で安倍晋三元首相の自宅を訪れた台湾の頼清徳副総統=東京都渋谷区で2022年7月11日午後2時36分、手塚耕一郎撮影

 台湾の頼清徳副総統が11日、安倍晋三元首相の死去に弔意を示すために日本を訪問した。台湾メディアが一斉に報じた。日本と台湾が1972年に断交して以来、訪日した政府要人としては85年の李登輝副総統(当時)と並んで最高位となる。

 台湾メディアによると、頼氏は、11日朝に日本に到着し、台北駐日経済文化代表処の謝長廷代表(駐日大使に相当)とともに東京都内の安倍氏宅を訪問。12日の葬儀に出席する予定と報じられている。

 台湾総統府は「安倍氏の家族を尊重し、頼氏の訪問に関する説明をしない」とし、台湾外交部(外務省)も、頼氏の訪日について「私人としての日程について説明しない」とのコメントを出した。また、日本政府関係者も「私的な訪問」としている。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文586文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集