ベンチャー企業監査役協会発足 実務学び交流 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マルコ・ポーロ合同会社のサイト
マルコ・ポーロ合同会社のサイト

 ベンチャー企業などの常勤監査役を対象に、実務を学び交流を促す「一般社団法人ベンチャー監査役協会」(吹田市、黒坂卓司代表理事)が発足した。

 信託銀行員時代、関西企業の株式公開に数多く携わってきた黒坂さん。企業経営を管理監督するコーポレートガバナンス(企業統治)の体制づくりや、その要となる常勤監査役の重要性が高まっていることから、「相談を受けることなどで常勤監査役の孤立を防ぎ、ガバナンスを有効に機能させることによって、企業価値を高める環境づくりを目指す」ことが発足の理由。上場後の成長の後押しもサポートする。

 オンラインも活用し、基礎や実務を学べる定期的な勉強会を開くことにしている。

 問い合わせは、マルコ・ポーロ合同会社(https://marcopolo.work/)。【高橋望】…

この記事は有料記事です。

残り-57文字(全文343文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集