宝塚署、歌劇のような歌と踊りで「特殊詐欺防止」 巡査部長振り付け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 「1件でも特殊詐欺の被害を減らしたい」。その願いを込めて「宝塚歌劇のまち」を管轄する兵庫県警宝塚署が、署員らが歌い踊って詐欺被害の防止を呼びかけるオリジナル動画を製作中だ。署長ら幹部を含む総勢約100人が登場する。普段は厳しい表情の多い警察官が、少しはにかみながらも軽快なリズムに乗ってステップを踏むシーンが満載の予定。完成後、啓発用ビデオとして活用するほか、ユーチューブの県警チャンネルからの配信も検討している。

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1030文字)

あわせて読みたい

ニュース特集