特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、奈良市で街頭演説をしていた安倍晋三元首相が銃撃され、その後、死亡が確認されました。

特集一覧

安倍氏の葬儀、岸田首相らが参列 政財界の要人、外国政府関係者も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 参院選の遊説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相の葬儀が12日午後、東京都港区の増上寺で営まれた。近親者による「家族葬」として執り行われたが、岸田文雄首相や経団連の十倉雅和会長、台湾の頼清徳副総統ら安倍氏にゆかりのある政財界の要人や外国政府関係者らが参列した。

 葬儀で弔辞を読んだ自民党の麻生太郎副総裁は「外交についてセンスと胆力で、国際社会での日本の存在を高めた。戦後最もすぐれた政治家だ」と語った。麻生氏は「(安倍氏と)冗談を言いながらゴルフをやり、大いに酒を食らった。楽しい思い出ばかりだ」と振り返り、「あんたが私の弔辞…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文659文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集