呪術のためではない…? 奈良時代の桃の種の穴、ネズミの仕業か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
穴の開いた奈良時代の桃の種(核)=奈良文化財研究所提供
穴の開いた奈良時代の桃の種(核)=奈良文化財研究所提供

 奈良市の西大寺で大量に出土し、古代の呪術跡と考えられてきた奈良時代の桃の種(核)の穴が、実はネズミがかじった跡だった可能性が高いことが奈良文化財研究所の調査で分かった。一緒に8匹分の骨が見つかったネズミのうち、小型のアカネズミがクルミなどをかじった際にできる傷と大きさや形が酷似していたという。

 西大寺で当時僧侶が食事を取った食堂(じきどう)院跡では、井戸から魚の骨や食器などが大量…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

あわせて読みたい

ニュース特集