特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

安倍氏銃撃の流れ弾か 90m先の壁に弾痕 手製銃「十分な殺傷力」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山上徹也容疑者が発射した場所から約90メートル北にある立体駐車場の壁に、弾丸のような金属片が埋まっていた=奈良市で2022年7月13日午前6時58分、林みづき撮影
山上徹也容疑者が発射した場所から約90メートル北にある立体駐車場の壁に、弾丸のような金属片が埋まっていた=奈良市で2022年7月13日午前6時58分、林みづき撮影

 奈良市で街頭演説中だった安倍晋三元首相(67)が銃撃されて死亡した事件で、山上徹也容疑者(41)=殺人容疑で送検=が手製銃から撃った流れ弾とみられる金属片が13日、発射地点から約90メートル離れた立体駐車場の壁に食い込んだ状態で見つかった。奈良県警は山上容疑者の手製銃が十分な殺傷力を持っていたことを裏付ける物証とみて、詳しく調べる。

 県警は13日早朝から、捜査員約50人態勢で、事件現場となった近鉄大和西大寺駅北口付近で現場検証を実施した。その際、捜査員が発射地点から約90メートル北にある立体駐車場の側面部分に、少なくとも3カ所の弾痕とみられる穴があいているのを見つけた。うち1カ所に弾丸のような金属片がめり込んでいた。

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文1059文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集