公明・北側副代表、「ムードで改憲できぬ」 慎重な議論求める

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北側一雄氏
北側一雄氏

 公明党の北側一雄副代表は14日の記者会見で、憲法改正について「ムードだけで改憲できるとは思えない。誤りなきよう、多くの政党の合意形成ができるよう努めなければならない」と述べた。参院選では憲法改正に前向きな「改憲勢力」が3分の2以上の議席を維持したが、慎重な議論を求めた形だ。

 北側氏は、日本では過去に改憲の国民投票…

この記事は有料記事です。

残り102文字(全文260文字)

あわせて読みたい

ニュース特集