長崎IR基本協定書不開示 知事「非公表が前提」、今後も公開せず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
IR区域整備計画の提出について説明する長崎県の大石賢吾知事=長崎市の県庁で2022年4月26日午後2時17分、高橋広之撮影
IR区域整備計画の提出について説明する長崎県の大石賢吾知事=長崎市の県庁で2022年4月26日午後2時17分、高橋広之撮影

 長崎県が佐世保市への誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、事業予定者と交わした基本協定書を県が非公開としている問題で、大石賢吾知事は14日、記者会見で「事業者の公募の段階から外部に公表しないことを前提としている」と述べ、今後も公開しない考えを示した。

 県は2021年8月、事業予定者「カジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパン」との間で双方が負う義務や計画が頓挫した場合の違約金などを定…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集