沖縄の瀕死ウミガメ、漁業者が駆除か 「網に絡まり仕方なく刺した」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ぐったりした状態で見つかったアオウミガメ=久米島ウミガメ館提供
ぐったりした状態で見つかったアオウミガメ=久米島ウミガメ館提供

 沖縄県久米島町の沿岸で瀕死(ひんし)のアオウミガメが30匹以上見つかった問題で、地元漁業者が「漁の網に絡まり、仕方なく刺して駆除した」という趣旨の話をしていることが、関係者への取材で明らかになった。県警那覇署や町が目撃者から事情を聴くなどして詳しい状況を調べている。

 ウミガメは14日昼過ぎ、網に絡まるなどして瀕死の状態で見つかり、30匹超のほとんどに首の付け根付近に刺されたような傷があった。関係者によると、漁業者は「漁の網に大量に絡まっていた。一部は外して海に返したが重い個体は動か…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文610文字)

あわせて読みたい

ニュース特集