九州で大雨 線状降水帯発生相次ぐ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影 拡大
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 前線や低気圧の影響で、九州や山口県では18日深夜から大雨が続いた。気象庁は、局地的な雨をもたらす「線状降水帯」が山口、福岡、佐賀、大分県の一部地域で19日未明にかけて相次いで発生したと発表した。九州北部(山口、福岡、大分、長崎、佐賀、熊本)は19日午前まで、九州南部(宮崎、奄美地方を除く鹿児島)は19日日中にかけて、それぞれ線状降水帯が発生する可能性がある。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに引き続き厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、前線の活動が活発になり、西日本から東日本では20日にかけて大雨となる見込みだ。20日午前6時までの24時間で予想される雨量はいずれも多い所で、九州北部・南部250ミリ▽四国・近畿200ミリ▽東海180ミリ▽関東甲信150ミリ▽中国・北陸100ミリ――となっている。さらに21日午前6時までの24時間では、九州北部・南部で100~150ミリと予想されている。九州以外の地域でも大雨に警戒が必要だ。【安藤いく子】

あわせて読みたい

ニュース特集