鹿児島の「M-1グランプリ」 マンゴーの見た目や糖度を競う

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
マンゴーの「M-1グランプリ」で、色や形を見る審査員たち=鹿児島県指宿市のJAいぶすきで2022年7月19日午後2時8分、宗岡敬介撮影
マンゴーの「M-1グランプリ」で、色や形を見る審査員たち=鹿児島県指宿市のJAいぶすきで2022年7月19日午後2時8分、宗岡敬介撮影

 鹿児島県指宿市で19日、恒例の「Mー1グランプリ」があった。漫才の日本一を決める大会ではなく、Mはマンゴーの頭文字。見た目や糖度などを審査する品評会で、生産者6人が大切に育てた自慢のマンゴー12品を出品した。

 JAいぶすき(本所・指宿市)の「熱帯くだもの部会」の主催。栽培技術向上などが目的で、今年で17回目を迎えた。2玉と3…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集