特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「有効性の推定、判断できない」 塩野義コロナ飲み薬、審議を継続

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
塩野義製薬が開発する新型コロナウイルス感染症の飲み薬候補=同社提供
塩野義製薬が開発する新型コロナウイルス感染症の飲み薬候補=同社提供

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会薬事分科会は20日、塩野義製薬が開発した新型コロナウイルス感染症の軽症者向け飲み薬について、緊急承認することを現時点で見送り、審議の継続を全会一致で決めた。今後、塩野義側から提出される臨床試験(治験)の最終段階(第3相)のデータを踏まえて判断する。

 薬の販売名は「ゾコーバ」。細胞内に入った新型コロナウイルスの増殖を妨げる働きがあるとされ、軽症・中等症の患者が感染初期に使用することを想定している。国内の軽症者向けの飲み薬ではすでに2種類が実用化されている。

 塩野義は2月末、治験の中間解析結果を基に承認を申請。5月下旬に緊急承認制度の適用を求めていた。制度は5月に創設され、中間段階の治験の結果でも安全性が確認され、有効性が「推定」されれば承認を可能とする。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文943文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集