連載

食探訪

地域の特色を映し出す食材や料理を紹介します。

連載一覧

食探訪

GR×奈良先端科学技術大学院大 クラフトビール「うねびやま」 「蔵つき酵母」で醸造 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
クラフトビール「うねびやま」を共同開発した「ゴールデンラビットビール」の市橋健代表(右)と奈良先端科学技術大学院大学の高木博史教授=奈良県生駒市高山町の同大学で2022年7月7日午後3時18分、村瀬達男撮影
クラフトビール「うねびやま」を共同開発した「ゴールデンラビットビール」の市橋健代表(右)と奈良先端科学技術大学院大学の高木博史教授=奈良県生駒市高山町の同大学で2022年7月7日午後3時18分、村瀬達男撮影

 奈良市の旧市街地「ならまち」にある醸造所「ゴールデンラビットビール(GR)」(市橋健代表)が奈良先端科学技術大学院大の「ストレス微生物科学研究室」の高木博史教授らとのコラボレーションでクラフトビール「うねびやま」を開発。同社本店や通販などで7月に発売した。同社社屋にすみ着いた天然酵母「蔵つき酵母」を使ったのが特徴で、まろやかで、口当たりの良い「ホワイトエール」タイプに仕上がった。【村瀬達男】

 市橋代表は2020年、高木教授とクラフトビールの共同研究を始め、研究室でビールに適した酵母を育種することに成功。これを使い、21年にコラボ第1弾で、ポップの苦みと香りが楽しめる「かぐやま」を販売。商品名は大和三山の一つ、香具山から命名した。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文827文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集