防衛省、辺野古埋め立て海域のサンゴ採捕申請 8万4000群体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
防衛省沖縄防衛局=沖縄県嘉手納町で、遠藤孝康撮影
防衛省沖縄防衛局=沖縄県嘉手納町で、遠藤孝康撮影

 防衛省沖縄防衛局は22日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、埋め立て予定海域で見つかった小型サンゴ類約8万4000群体などの移植に必要な特別採捕許可を申請したと発表した。移植対象は当初約3万5000群体だったが、今年4~6月に調査した結果、移植基準の大きさに育ったサンゴが…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集