「林業の父」土倉の扁額、NPOが村に寄贈 川上 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 川上村出身で「日本林業の父」と呼ばれる土倉庄三郎(1840~1917年)の座右の銘である「守不移」と書かれた扁額(へんがく)が19日、同村に寄贈された=写真・村提供。

 村内の林業家の家に生まれた土倉は、吉野林業の造林法を確立し全国に広める一方、教育の普及にも努めた。「守不移」とは移らないことを守る…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文345文字)

あわせて読みたい

ニュース特集