サル痘初確認の男性、欧州で感染者と接触 発熱や頭痛の症状

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供
サル痘ウイルスの電子顕微鏡写真=国立感染症研究所提供

 厚生労働省は25日、欧州や米国で報告が相次いでいる感染症「サル痘」の感染者が国内で初めて確認されたと発表した。欧州から帰国した東京都内在住の30代男性で、欧州でサル痘と診断された人との接触歴がある。発熱や頭痛、発疹などの症状があるが、患者の状態は安定しているという。

 厚労省などの発表によると、男性は6月下旬に欧州に渡航し、7月中旬に帰国した。7月15日に倦怠(けんたい)感を覚え、25日に都内医療機関を受診した。最も高い時点で、37・5度の発熱がある。都内の病院に入院している。

 サル痘ウイルスに感染すると、発疹や発熱、リンパ節の腫れなどの症状が出て、多くの場合は2~4週間で自然に回復する。感染経路は性的な接触を含む発疹部分や体液との接触、または対面の近い距離で長時間飛沫(ひまつ)を浴びることなどが考えられている。今回の流行では、MSM(男性と性行為をする男性)の間で患者が相次いで確認されている。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文1046文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集