特集

都市対抗野球2022

第93回都市対抗野球大会が2022年7月18日に開幕。3年ぶりの夏開催、社会人野球日本一はどこに。

特集一覧

8強最後の1枠はJR西日本 北海道ガスに逆転勝ち 都市対抗野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】力投する広島市の先発・大畑=東京ドームで2022年7月25日、猪飼健史撮影 拡大
【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】力投する広島市の先発・大畑=東京ドームで2022年7月25日、猪飼健史撮影

 第93回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)は第8日の25日、東京ドームで2回戦があり、4年ぶり5回目出場の広島市・JR西日本は、2年連続2回目出場の札幌市・北海道ガスを4―1で降し、4年ぶりに準々決勝に進んだ。

 広島市が終盤の集中打で試合をひっくり返した。1点を追う八回2死二、三塁から西山の右越え2点適時二塁打で逆転。敵失の間に1点を加え、九回にも田村の適時打で駄目を押した。先発の大畑は八回途中1失点、7奪三振の好投。札幌市は二回に小栗の右前適時打で先制したが、投手陣が捕まり逃げ切れなかった。

広島市・田村亮監督

 札幌市には直球で押す投手の方が相性が良いと考え、大畑を先発させた。期待に十分応えてくれた。次も食らいつく。

 大畑の先発は、湧川投手コーチの進言もあり、1回戦が終わった日に決めた。大会前から状態が良く、東京ドームはスピードが出やすいマウンドなので持ち味を生かせると思った。思った以上に直球に力があった。

 ベスト8までは過去のチームも来た。ここから先で勝つことが我々には求められている。(優勝最多11回の横浜市・ENEOSとの準々決勝は)壁を破るのに最高のモチベーションで戦える。

札幌市・清水隆一監督

 打てなかったのが悔しい。勝ちもためになるし、負けから学ぶことも多い。選手が何を考え、今後どうするのか期待している。

 (予選で登板のない日暮が先発し好投)後ろにエースが控えており、どんどん飛ばしていこうっていうのが功を奏したのではないか。(北海道勢100勝はならなかった)それは事実です。でも来年以降、どこかでする。そのために選手が課題を見つけていく。来年に向けてもう始まっていると、私の中では思っています。

【都市対抗野球2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集