特集

都市対抗野球2022

第93回都市対抗野球大会が2022年7月18日に開幕。3年ぶりの夏開催、社会人野球日本一はどこに。

特集一覧

JR西日本、逃さなかった相手エースの1球 都市対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】八回表広島市2死二、三塁、西山が逆転の2点二塁打を放つ=東京ドームで2022年7月25日、中川祐一撮影 拡大
【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】八回表広島市2死二、三塁、西山が逆転の2点二塁打を放つ=東京ドームで2022年7月25日、中川祐一撮影

 第93回都市対抗野球大会は第8日の25日、東京ドームで2回戦があり、広島市・JR西日本は札幌市・北海道ガスを4-1で降し、4年ぶりに準々決勝に進んだ。

 待ちわびたのは、強豪を食った相手エースの登板だった。JR西日本が「1球」で試合の主導権を奪った。

 1点を追って巻き返しを狙う終盤、北海道ガスの2番手・岩崎巧が変則フォームから繰り出す球に苦しめられた。田村亮監督は「岩崎投手に最後まで投げられると、ちょっと嫌だな」と感じ、選手たちも「何とか(マウンドから)降ろそう」と思っていた。

 八回、待っていた時が来た。死球と安打などで2死二、三塁とし、相手はエース・大城祐樹にスイッチ。1回戦では優勝候補の川崎市・東芝の打線を七回途中無失点と封じた好投手の大城だが、対策は練っていた。

【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】八回表広島市2死二、三塁、西山が逆転の2点二塁打を放ち塁上で拳を突き上げる=東京ドームで2022年7月25日、猪飼健史撮影 拡大
【広島市(JR西日本)-札幌市(北海道ガス)】八回表広島市2死二、三塁、西山が逆転の2点二塁打を放ち塁上で拳を突き上げる=東京ドームで2022年7月25日、猪飼健史撮影

 6番・西山統麻は「(大城は)データもあり、一番イメージがあった投手。これならいけると思った」。田村監督から「ストライクゾーンを上げて、高めの変化球は少々強引でも思い切って振ってこい」と声をかけられ、打席に向かった。「どんな結果であれ、初球からいこう」と直球とカットボールに狙いを定めた。

 対する大城は「ピンチの場面で(自分が)力んでいると思っているだろう」と、初球に決め球のカットボールを選択。西山はその球を狙い通り捉え、殊勲の逆転適時二塁打に。大城は「大事な場面の初球で打たれ、動揺があった」と直後の打者に四球を与え、内野安打と野手のミスでさらに1点を失った。札幌市の清水隆一監督は「私の責任」と継投を悔やんだ。

 主将の西山が「やばい雰囲気はなかった。粘っていれば、絶対にチャンスが来ると思っていた」と話すように、終盤も焦りはなかった。1回戦の高知市戦も逆転勝ちしたイメージがあったからだ。

 再び終盤の逆転勝ちで8強進出を決め、次は名門の横浜市・ENEOSとぶつかる。「簡単に勝てると思っていない。粘って、チャンスが来たら一気に逆転したい」と西山。粘り勝つイメージもできている。【円谷美晶】

【都市対抗野球2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集