瀬戸内寂聴さんお別れの会 林真理子さんが献杯 作家や俳優ら参列

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 作家として、僧侶として波乱の生涯を送り、2021年11月に99歳で亡くなった瀬戸内寂聴さんのお別れの会が26日、東京都内のホテルで開かれた。親交のあった作家や俳優、出版関係者ら約290人が参列し、言葉を通じて時代と人に寄り添い続けた故人をしのんだ。

 版元の出版社など14社が合同で発起人を務め、瀬戸内さんの笑顔と京都の情景をイメージしたという祭壇には、故人の好んだ黄色のバラとコチョウランが飾られた。

 作家の林真理子さんは、献杯のあいさつで「今でも寂庵(じゃくあん)(瀬戸内さんの自宅兼事務所)に行くと、先生に会えるような気がしてなりません」と語りかけ、島田雅彦さんは「寂庵を訪ねて私がアンコウ鍋を作ったことがある。2人で買い物に行くと、遠くから合掌される方がいて、『私は活仏とデートしているんだ』と思った」とのエピソードを明かした。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文636文字)

あわせて読みたい

ニュース特集