FRB、0.75%利上げ 通常の3倍 記録的なインフレ抑制優先

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで、清水憲司撮影
米連邦準備制度理事会(FRB)本部=米ワシントンで、清水憲司撮影

 米連邦準備制度理事会(FRB)は27日、政策金利を0・75%引き上げると決めた。上げ幅は6月会合に続き通常の3倍の大きさ。急ピッチの利上げによる景気後退への懸念が強まっているが、記録的な物価上昇(インフレ)の抑制を優先する姿勢を示した。4会合連続の利上げで、政策金利の誘導目標は2・25~2・5%となる。

 FRBは6月会合で1994年11月以来、27年7カ月ぶりとなる0・75%の大幅利上げを決定。その後公表された議事要旨では、大半の参加者が7月会合について「0・5%か0・75%の利上げが適切」との見方を示していた。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文689文字)

あわせて読みたい

ニュース特集