特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

医療、交通、福祉…コロナで欠勤、人手不足 「工夫してもギリギリ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
特急列車の運休を知らせるJR博多駅の掲示板=福岡市博多区で2022年7月27日午後0時57分、城島勇人撮影
特急列車の運休を知らせるJR博多駅の掲示板=福岡市博多区で2022年7月27日午後0時57分、城島勇人撮影

 新型コロナウイルスの感染「第7波」による感染者や濃厚接触者の急増で、医療機関や公共交通機関、福祉施設など市民生活を支える現場で業務に支障が出ている。政府は社会経済活動を維持するため濃厚接触者の待機期間を短縮したが、感染拡大のスピードが速く、狙い通りの効果が出るかは見通せない。

 「看護師だけでなく医師のシフトにも影響が出ている。人繰りをいくら工夫してもギリギリの状態だ」

 約600人のスタッフが勤務し、コロナ感染者の治療も担う福岡記念病院(福岡市早良区)の上野高史院長(66)はため息をつく。同院では7月上旬から職員の感染者や濃厚接触者が急増。今も職員全体の5%にあたる約30人が欠勤している。医療体制を維持するため、日曜日と祝日の発熱外来を一時的に休止した。今後、感染が拡大し、職員全体の10%にあたる60人が欠勤することになれば、手術回数を減らし、救急患者の受け入れ…

この記事は有料記事です。

残り942文字(全文1328文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集