地球にやさしいマグカップ TDRリサイクル商品 回収ペットボトル原料 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ペットボトルを原料の一部としたマグカップ(手前)と、コーヒーの豆かすで布を染めたトートバッグ=千葉県浦安市の東京ディズニーランドで2022年7月21日、小林多美子撮影
ペットボトルを原料の一部としたマグカップ(手前)と、コーヒーの豆かすで布を染めたトートバッグ=千葉県浦安市の東京ディズニーランドで2022年7月21日、小林多美子撮影

 浦安市の東京ディズニーリゾート(TDR)が、園内で回収されたペットボトルを原料としたマグカップ(税込み2000円)など6種類のリサイクル商品を発売した。「笑顔の循環」を意味するグッズシリーズ「東京ディズニーリゾート・サーキュレーティングスマイル」として売り出している。

 TDRでは2021年から「地球にやさしく、人にやさしい」をテーマとしたグッズ展開を開始。シリーズ第1弾ではオーガニックコットンを使ったバッグなどを販売した。

 第2弾の今回はマグカップに加え、トートバッグ2種類(同3900円、4300円)▽エプロン(同7900円)▽クッション(同6500円)▽キャップ(同3900円)――を用意した。いずれも園内のカフェやレストランで利用したコーヒーの豆かすを抽出して染めた布を使用しており、循環型社会を意識した商品となっている。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文567文字)

あわせて読みたい

ニュース特集