安倍氏国葬中止求め脅迫メール 各自治体で相次ぐ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 街頭演説中に銃撃され死亡した安倍晋三元首相(67)の国葬を巡り、高知、愛媛、鳥取、大阪、滋賀、和歌山、広島など各府県の自治体に中止を求める脅迫メールが届いているのが確認された。25~26日に発信され、文面から同一人物の可能性がある。自治体側は警察に通報し、関係部署や教育委員会などに注意を呼び掛けている。

 高知県南国市によると、26日午前、市がホームページ上に設けている問い合わせフォームを通じて「安倍元総理の国葬を中止にするように強く求める」「全国の子供をスタンガンで気絶させた上で誘拐する」などの内容が書かれたメールが届いたことを市職員が発見。高知県警に通報した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文494文字)

あわせて読みたい

ニュース特集