「多彩な才能生かす環境を」 静岡の大学生が無料フリースクール運営

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フリースクール「アトリエあす」を運営する小森史靖さん=静岡市葵区古庄3のひかり市民センターで2022年5月31日午後1時41分、丘絢太撮影
フリースクール「アトリエあす」を運営する小森史靖さん=静岡市葵区古庄3のひかり市民センターで2022年5月31日午後1時41分、丘絢太撮影

 静岡大の学生が4月から、さまざまな事情で学校に行けない小中学生を対象に無料のフリースクール「アトリエあす」を開いている。運営する人文社会科学部2年の小森史靖さん(21)は「子どもたちが多様な才能を生かすことができる環境を提供したい」と意気込んでいる。【丘絢太】

 「アトリエあす」は、ひかり市民センター(静岡市葵区古庄3)の和室を借りて、小森さんと理学部2年の加藤秀隆さん(21)が運営している。毎週火曜午前8時半~午後2時45分の開校だ。取材した日は、児童が算数のドリルをしながら、大学生と楽しそうに談笑していた。和室は子供がくつろぐことができるように机を隅に寄せ、広く使っている。

 「授業が面白くない」「学校になじめない」などの理由で小中学生4人が通う。学校の勉強を教えたり、動画編集など子どもたちが興味のあることをサポートしたりしている。毎週通う葵区の小学6年の女子児童は「ここに来てから好きなことに取り組め、前向きになれた」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文778文字)

あわせて読みたい

ニュース特集