安倍元首相銃撃 追悼演説延期 甘利氏へ反発強く 安倍派から批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 自民党が8月の臨時国会で実施する予定だった安倍晋三元首相の追悼演説を先送りする検討に入ったのは、甘利明前幹事長(麻生派)が演説を行うことに対して与野党の反発が強まったためだ。特に銃撃事件で会長の安倍氏を失った自民党安倍派(清和会、97人)で批判が強まったことが大きな要因となった。

 安倍派が反発を強めたのは、甘利氏の20日のメールマガジンがきっかけだ。この中で甘利氏は安倍派について「『当面』というより『当分』集団指導制をとらざるを得ない。誰一人、現状では全体を仕切るだけの力もカリスマ性…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文617文字)

あわせて読みたい

ニュース特集