大阪IR問う住民投票条例案否決 維新など反対多数で 府議会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪IR誘致の賛否を問う住民投票条例案を大阪府議会に提案する吉村洋文知事=大阪市中央区の府議会で2022年7月29日午後1時12分、石川将来撮影 拡大
大阪IR誘致の賛否を問う住民投票条例案を大阪府議会に提案する吉村洋文知事=大阪市中央区の府議会で2022年7月29日午後1時12分、石川将来撮影

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の大阪府・市による誘致の賛否を問う住民投票条例案について、府議会は29日に臨時議会を開き、大阪維新の会や公明党などの反対多数で否決した。住民投票は行われないことになった。

 IR実施法では、住民投票の実施は義務づけられていない。条例案は、法定数を超える19万2773筆の有効署名を集めた市民団体が21日、地方自治法の規定に基づいて吉村洋文知事に直接請求した。

大阪府・市が計画しているIRのイメージ図=府の公表資料より 拡大
大阪府・市が計画しているIRのイメージ図=府の公表資料より

 これを受け、吉村氏は29日、条例案を議会に提出した。ただし、IRの誘致内容を定めた区域整備計画が3月に府議会の可決を得られているとして、「必要な手続きをした。住民投票に意義を見いだしがたい」と反対の意見書を付けた。

 この日は市民団体の関係者も議会に出席し、「知事や議会に求められていることは、多くの署名が集まった事実を直視することだ」と意見陳述した。議会側は即日採決に入り、過半数を占める維新は「住民の代表である議会の議決を得ている」、第2会派の公明も「議会の議決は重い」と反対した。第3会派の自民党は住民投票に賛成としつつ、外国人に投票権を認めていることを理由に条例案には反対した。

 府市は4月、IR整備計画を国に申請した。大阪市の人工島・夢洲(ゆめしま)にカジノやホテル、展示場などを事業者が整備し、2029年秋~冬ごろに開業する構想で、今秋に国の認定を受けるとのスケジュールを描く。一方、建設予定地の地盤対策費として市が約790億円を負担することに批判が出ており、ギャンブル依存症の問題も懸念されている。【石川将来、隈元悠太】

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集