特集

安倍晋三元首相銃撃

2022年7月8日、演説中の安倍元首相が銃撃され、死亡しました。その後の「国葬」にも疑念が…。

特集一覧

中国、旧統一教会は「違法な邪教」 安倍氏銃撃で一掃の正当性強調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
北京市内の公園に掲示された「邪教」への注意を呼びかける看板=29日、共同
北京市内の公園に掲示された「邪教」への注意を呼びかける看板=29日、共同

 安倍晋三元首相の銃撃事件をきっかけに、中国が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は非合法の「邪教」(カルト)だと非難を強めている。日米と違って自国への浸透を防いだ当局の対応は正しかったと宣伝。強権的な宗教政策がより強まると懸念する声も出ている。

 「彼と性的関係を持つことでしか『原罪』を消せないと吹聴した。性欲を満たすためだ」。公安省系のサイト「中国反邪教ネット」は19日に公開した動画で、創始者の故・文鮮明氏についてこう主張。旧統一教会と日米政治家との接点も多いと指摘した。

 旧統一教会は中国でも一時期活動。当局は1997年に邪教と認定した。同ネットは安倍氏銃撃事件後、代表的な邪教として扱われる気功集団「法輪功」とも絡め、旧統一教会を批判する発信を強めている。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文663文字)

【安倍晋三元首相銃撃】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集