連載

ひと・ちば

千葉県内で活躍する「あの人」にインタビュー。悩みや楽しみ、展望を聞きました。

連載一覧

ひと・ちば

バナメイエビを陸上養殖 平野雄晟さん(52) 水産業と福祉、連携目指す /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
平野雄晟さん=千葉県鋸南町下佐久間で2022年7月3日、長沼辰哉撮影
平野雄晟さん=千葉県鋸南町下佐久間で2022年7月3日、長沼辰哉撮影

 鋸南町の休耕地でバナメイエビの陸上養殖に取り組んでいる。養殖場近くにはグループホームを開設し、入居者らに働いてもらうことで「水産業と福祉の連携」を目指している。

 大学卒業後、保険会社の営業マンとして働く中で「人生の残りを環境問題解決にささげたい」と思うようになった。食用に多く流通しているバナメイエビの養殖に目を付けたのは、2015年ごろだった。

 陸上養殖を実現するため、大消費地の首都圏でありながら原産地・中南米の水温や気温に近く、豊富な水資源のある鋸南町に19年に移住。休耕地の農業用ハウスに整備した養殖場は水質にこだわり、約90回往復して運んだ200トンの海水を浄化・循環させ、蒸発した分は井戸水から補うシステムを構築した。こうして21年8月に養殖を始めたエビは、約65グラムと大きさは輸入品の倍以上、うまみ成分は約5倍あるといい、活魚を扱…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文794文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集