特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

保育園、病院…「ギリギリの状態」 職員感染拡大で綱渡りの日々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
特急列車の運休を知らせるJR博多駅の掲示板=福岡市博多区で2022年7月27日午後0時51分、城島勇人撮影
特急列車の運休を知らせるJR博多駅の掲示板=福岡市博多区で2022年7月27日午後0時51分、城島勇人撮影

 新型コロナウイルスの感染「第7波」による感染者や濃厚接触者の急増で、医療機関や公共交通機関など市民生活を支える現場の業務に支障が出ている。政府は社会経済活動を維持するため濃厚接触者の待機期間を短縮したが、感染拡大のスピードが速く、狙い通りの効果が出るかは見通せない。

 「連日陽性者が出ている。これ以上増えたら園の運営自体が難しくなる」。横浜市の認可保育園「三ツ境たんぽぽ保育園」で保育士として働く芳賀有美さん(49)はため息をつく。

 園では21日に職員の感染者が出て以降、27日までに約30人いる職員のうち、3分の1に当たる10人が感染した。本来なら0~5歳の6クラスにはそれぞれ担任がいるが、感染者が多いため別のクラスの担任が応援に入るなどしてしのいでいる。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1530文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集