連載

ひと探訪

熊本、宮崎、鹿児島で活躍する方々を紹介します。

連載一覧

ひと探訪

京都大学野生動物研究センター幸島観察所 技術専門職員 鈴村崇文さん(47)=宮崎県日南市 /宮崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鈴村崇文さん
鈴村崇文さん

サルの生態、面白い

 宮崎県の南、串間市の石波海岸沖に浮かぶ無人島、幸島(こうじま)。1948年、京都大学の研究者が野生ニホンザルのすむ島を訪れ、その後、芋を洗って食べる「文化ザル」を発見し、日本の霊長類学発祥の地とされる。島の対岸にある同大学野生動物研究センター幸島観察所に約20年前に赴任し、現在ただ1人の職員としてサルの生態を記録し続けている鈴村崇文さん(47)に仕事の魅力を聞いた。【加藤学】

 ――周囲約4キロの小さな島。どんな仕事を

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1118文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集