連載

クローズアップ

国内外で今話題のニュースをクローズアップ。専門家の声も交えつつ、話題の背景に迫ります。

連載一覧

クローズアップ

ウミガメ保護、探る共生 沖縄・大量殺傷、広がる波紋 漁業被害や食害、環境省「個体数管理を検討」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ぐったりした状態で見つかったウミガメ=久米島ウミガメ館提供
ぐったりした状態で見つかったウミガメ=久米島ウミガメ館提供

 沖縄県の離島・久米島で7月、絶滅危惧種のアオウミガメ30匹超が殺傷され、地元の漁業者が「網にかかり、仕方なく刺した」と関与を認めたことが波紋を広げている。ウミガメは保護すべきか、それとも駆除すべきなのか――。背景を探ると、単純には割り切れない問題が見えてきた。

 アオウミガメは14日昼過ぎ、島の沿岸で30匹超が網に絡まるなどして見つかった。多くに、首の付け根付近に刺されたような傷があった。関係者によると、地元の漁業者が「魚を取ろうとしたらウミガメが大量に網にかかった。何匹かは逃がしたが、重いウミガメは動かせない上にかみついてくるので、仕方がなく刺した」という趣旨の話をした。

 アオウミガメは国際自然保護連合(IUCN)や環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。環境省は2006年、ウミガメ類の生態や卵を見つけたときの処置方法などをまとめた「保護ハンドブック」を作成している。一方、「種の保存法」で捕獲や殺傷などを禁じる希少生物には指定されていない。動物虐待を禁じる動物愛護法でも、海洋の野生動物は対象ではない。

この記事は有料記事です。

残り2345文字(全文2808文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集