爽快!?恐怖!?地上17mアスレチック 静岡・三島で8日開業

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 六角形の5層のタワーでアスレチックを楽しむ施設「ドラゴンキャッスル」が8日、静岡県三島市山中新田にオープンする。歩行者用のつり橋としては日本一長い三島スカイウォークの運営会社「フジコー」が「新たな誘客で地域の活性化を」と2月上旬から建設を進めていた。

 施設は国道1号沿いに立地し、堀の形がワッフルに似ているとして話題を呼んだ戦国時代の山城「山中城跡」(国指定史跡)にほど近い。大きさは高さ17メートル、最大幅36メートル。内側に6本、外側に12本の鉄骨の柱を立てた上、柱と柱の間は、揺れる板や目の粗い網、腕力頼りのうんていなど…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集