伊万里に製材工場新設へ 直径70センチ国産丸太加工可能 /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
伊万里市役所で立地協定書を交わした(右から)深浦市長、西九州木材事業協同組合の石橋代表理事、中国木材の堀川社長
伊万里市役所で立地協定書を交わした(右から)深浦市長、西九州木材事業協同組合の石橋代表理事、中国木材の堀川社長

 西九州木材事業協同組合(伊万里市)は2日、同市山代町の工業団地「伊万里団地」に最大直径70センチの国産丸太を加工する大径木製材工場(4338平方メートル)を新設するため、市と立地協定を結んだ。26億円を投資して9月に着工し、2023年10月に操業予定。27年度には34億円の売り上げを目指す。

 同組合は大手製材メーカー「中国木材」(広島県)や伊万…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

ニュース特集