4回接種でオミクロン感染リスク4割減 イスラエルチーム研究

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種、職域接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種、職域接種=東京都港区で2021年6月21日、手塚耕一郎撮影

 新型コロナウイルスワクチンを4回接種した人は、3回の人に比べオミクロン株の感染リスクが4割減ったとの研究結果を、イスラエルのチームが2日、米医学誌「JAMAネットワークオープン」に発表した。医療従事者3万人のデータを解析した。平均年齢は44歳。

 利用したのは国内11病院の職員のデータ。昨年8~9月にファイザー製ワクチンの3回目接種を受け、うち約5000…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集