約束のリング再び 千葉のプロレス団体「2AW」が無料イベント

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
子どもたちの前で豪快な技を披露する選手たち=千葉県市川市で2022年7月18日、長沼辰哉撮影
子どもたちの前で豪快な技を披露する選手たち=千葉県市川市で2022年7月18日、長沼辰哉撮影

 千葉市を拠点に活動するプロレス団体「2AW」が6月、県内での無料イベントを再開した。3年前に団体名を改称した際、「県民から愛される団体に」との思いから地域貢献を誓った。直後に新型コロナウイルスの感染拡大が始まり、長らく中断を余儀なくされたが、2年半越しに「約束」を果たせる時が来た。【長沼辰哉】

 団体は2002年に設立され、千葉市中央区にあるリングで活動を続けてきた。19年に団体名を「2AW」と改称。これを機に高齢者施設などへの慰問を増やしたり、県内各地で地元住民らに無料で試合を披露したりするボランティア活動に力を入れていく方針を発表した。長年支えてくれた県民に対する恩返しの「約束」だった。

 ところが、新たなスタートを切った矢先の20年初め、国内で新型コロナの感染拡大が始まった。県内の高齢者施設ではクラスター(感染者集団)の発生が相次ぎ、保健所と協議して慰問は自粛することに。多くの観客が集まる無料イベントも開催できなくなった。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文885文字)

あわせて読みたい

ニュース特集