「世界で一番美しいサル」2頭が仲間入り 山口・徳山動物園で公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
徳山動物園で公開が始まったアカアシドゥクラングール=山口県周南市で2022年8月3日午前10時49分、脇山隆俊撮影
徳山動物園で公開が始まったアカアシドゥクラングール=山口県周南市で2022年8月3日午前10時49分、脇山隆俊撮影

 「世界で一番美しいサル」と呼ばれる絶滅危惧種のアカアシドゥクラングール2頭が山口県周南市の徳山動物園に仲間入りし、3日から公開が始まった。

 オナガザル科のアカアシドゥクラングールは、ベトナムやラオス、カンボジアなどの熱帯雨林に生息。主に木の上で暮らすが、ベトナム戦争で使用された枯れ葉剤の影響で生息地の大半を失い、激減したとされる。国内では横浜市立よこはま動物園ズ…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集