動物園発の「本物ガチャ」が大人気 飾って映える、その中身は?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
本物ガチャを担当した愛媛県立とべ動物園の浜田純基飼育員。手に乗せた毛は左からフタコブラクダ、ラマ、キリンのもの=同園で2022年8月3日午後2時15分、山中宏之撮影
本物ガチャを担当した愛媛県立とべ動物園の浜田純基飼育員。手に乗せた毛は左からフタコブラクダ、ラマ、キリンのもの=同園で2022年8月3日午後2時15分、山中宏之撮影

 ガラスの小瓶に入っているものは!?――。愛媛県立とべ動物園(砥部町)が2日、いっぷう変わったカプセルトイ「本物ガチャ」(1回500円)を発売した。設置から2日で当初準備した120個をほぼ完売。担当した飼育員の浜田純基さん(31)も「これほど喜んでもらえるとは」と驚く。動物園ならではの“攻めた”カプセルトイの誕生秘話や込められた思いを浜田さんに聞いた。【山中宏之】

 カプセルに入っているものは同園で飼育する動物の“毛”で、全国的にも珍しい。ホッキョクグマやフタコブラクダ、ラマ、オランウータン、キリンと、明かされていないシークレット動物の計6種類ある。個体の区別はしていない。

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文956文字)

あわせて読みたい

ニュース特集