特集

台湾海峡緊張

中国と台湾の対立が先鋭化しています。日米をはじめ、ASEANや欧州も巻き込んだ対立の行方は。

特集一覧

中国軍、ミサイル11発発射 4発は台湾上空通過 軍事演習開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国人民解放軍の東部戦区が4日、実弾射撃訓練の一場面として「微博(ウェイボー)」に投稿した画像=共同
中国人民解放軍の東部戦区が4日、実弾射撃訓練の一場面として「微博(ウェイボー)」に投稿した画像=共同

 中国軍は4日正午(日本時間同日午後1時)、台湾周辺で実弾射撃を伴う大規模な軍事演習を開始した。台湾国防部(国防省に相当)によると、中国軍は同日午後1時56分(日本時間同2時56分)以降、台湾北方、東方、南方の各海域に向けて弾道ミサイル「東風」11発を数回に分けて発射した。岸信夫防衛相は4日夜、演習の対象海域に設定されていた日本の排他的経済水域(EEZ)内にミサイル5発が落下したとみられると明らかにした。

 軍事演習は台湾を取り囲む形で設置された六つの海空域で実施。ペロシ米下院議長の訪台に対抗する動きの一環で、7日正午まで続く。岸防衛相は日本で把握しているミサイル発射は9発としたうえで、「我が国の安全保障と国民の安全に関わる重大な問題で、強く非難する。中国のミサイルが日本のEEZ内に落下したのは初めてと認識している」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文854文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集