愛された力士、臥牙丸さんが断髪式 結婚し夢膨らむ第二の人生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
臥牙丸さんの断髪式ではさみを入れる元横綱・白鵬の宮城野親方=東京都内で2022年7月30日
臥牙丸さんの断髪式ではさみを入れる元横綱・白鵬の宮城野親方=東京都内で2022年7月30日

 個性派の外国出身力士が相撲人生の節目を迎えた。2020年11月場所を最後に引退し、現在は力士時代のしこ名を芸名にタレントとして活動しているジョージア出身の元小結・臥牙丸さん(35)が7月30日、東京都内で断髪式をした。力士の象徴である「まげ」に別れを告げる一方で、日本人女性と結婚したことを発表。晴れやかな門出となった。

 断髪式には師匠だった木瀬親方(元前頭・肥後ノ海)や同じジョージア出身で大関経験者の栃ノ心は新型コロナウイルスの影響で出席できなかったが、宮城野親方(元横綱・白鵬)ら約170人がはさみを入れた。臥牙丸さんは「コロナで来られなくなった方もいる。気持ちを大事にしたい。僕から会いに行きたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文993文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集