特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球 甲子園 明豊、投打に充実 強力打撃陣、5試合計52得点 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
打撃練習をする明豊の選手たち
打撃練習をする明豊の選手たち

 第104回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕し、県代表の明豊は大会第1日の第2試合で群馬県代表の樹徳と対戦する。大会を前に選手やチームの特徴を取材した。【神山恵】

多彩な投手陣、堅守もキラリ

 大分大会で第1シードの明豊は打撃が好調で準決勝までの4試合は全てコールド勝ち。決勝も大分舞鶴に大勝し、5試合で計52得点を挙げた。

 打撃陣は、上位から下位まで切れ目がない。2021年夏の甲子園に出場し、パンチ力がある宮崎や球種に応じた打撃ができる後藤の他、力強いスイングの嶽下、大分大会3本塁打の竹下と好打者がそろう。この他、勝負強い打撃の牧野や高木からも目が離せない。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文782文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集