特集

第104回全国高校野球選手権

第104回全国高等学校野球選手権大会(8月6日開幕)の特集サイトです。

特集一覧

新型コロナ 第7波、揺れるスポーツ界 開催可否、一律の基準なく

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試合を見つめる巨人・原監督(中央奥)=東京ドームで2022年8月2日、共同
試合を見つめる巨人・原監督(中央奥)=東京ドームで2022年8月2日、共同

 新型コロナウイルス感染症の「第7波」にスポーツ界が揺れている。プロ野球は試合延期が相次ぎ、チームによって異なる対応が議論を呼んだ。サッカー・Jリーグでは選手不足の中で試合に臨むケースも。高校野球、大相撲も手探りの対応に追われている。

 夏休みの東京ドームが3万2000人近い大観衆でにぎわった。2日、プロ野球・巨人が阪神とのセ・リーグ公式戦に臨んだ。新型コロナの集団感染に見舞われたチームにとって13日ぶりの公式戦だった。

 岡本和真内野手、丸佳浩外野手らが新型コロナから復帰したが、ベンチ入りメンバーには経験の浅い選手も多く、3―6で敗戦。原辰徳監督は「今いる選手でベストを尽くす」と語った。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2462文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集