特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

ザワヒリ容疑者の首都滞在「情報得てない」 タリバン政権が声明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ザワヒリ容疑者=2006年1月、中東の衛星テレビ「アルジャジーラ」より・AP
ザワヒリ容疑者=2006年1月、中東の衛星テレビ「アルジャジーラ」より・AP

 アフガニスタンのイスラム主義組織タリバン暫定政権は4日、バイデン米大統領が国際テロ組織「アルカイダ」の最高指導者ザワヒリ容疑者を首都カブールで殺害したと発表したことを受け、「イスラム首長国(タリバンの自称)は、ザワヒリのカブールへの到着や滞在についての情報を得ていない」とする声明を発表した。ザワヒリ容疑者をカブール市内でかくまっていた疑惑を否定した形だが、国際社会からの反発は必至だ。

 タリバン暫定政権は声明で「この事件のさまざまな側面について包括的で本格的な調査を実施するように捜査、情報機関に指示した」と述べた。「アフガンの国土からは、米国を含むいかなる国への脅威もない」とした上で「米国が我々の領土を侵攻し、すべての国際的原則に違反したことを改めて強く非難する」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文668文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集