米女子バスケ選手に禁錮9年 ロシアの裁判所 麻薬密輸などで有罪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
公判後に護送される米女子プロバスケットボール選手のブリトニー・グライナーさん=モスクワ郊外で2022年8月4日、AP
公判後に護送される米女子プロバスケットボール選手のブリトニー・グライナーさん=モスクワ郊外で2022年8月4日、AP

 ロシアに入国する際に大麻オイルを所持していたとして麻薬密輸などの罪に問われた米女子プロバスケットボール選手のブリトニー・グライナーさんに対し、モスクワ郊外の裁判所は4日、禁錮9年、罰金100万ルーブル(約220万円)の有罪判決を言い渡した。米メディアが伝えた。グライナーさんは、米国とロシアの拘束者交換の対象とみられている。

 バイデン米大統領は同日に声明を出し、「グライナーさんは不当に拘束されており、決して容認できない。ロシアに直ちに釈放するよう求める」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文479文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集