特集

第81期名人戦

第81期名人戦・順位戦を特集します。棋譜中継は「順位戦」または「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

盤寿の名人戦

羽生善治九段が語る名人戦「長い対局の中で物語が生まれる」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える羽生善治九段=東京都渋谷区で2022年7月25日、小出洋平撮影
インタビューに答える羽生善治九段=東京都渋谷区で2022年7月25日、小出洋平撮影

 現役棋士では最多、歴代でも史上3位となる名人位通算9期獲得で、十九世名人の資格を持つ羽生善治九段(51)は1980年代半ばから現在まで、将棋界を代表する存在だ。羽生にとって、「名人」とはいかなるタイトルなのか。これまでの七番勝負での戦いの数々を振り返ってくれた。【山村英樹】(▲=先手、△=後手)

 奨励会入会前は「将来名人になれたらいいな」と思ったが、以降は「目の前のことに忙しく、だんだん名人がはるかかなたに思えてきた」という。

 順位戦では足踏みもあったが、93~94年の第…

この記事は有料記事です。

残り1610文字(全文1849文字)

【第81期名人戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集