特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

オミクロン対応ワクチン、10月にも接種開始 厚労省検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影 拡大
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は、新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンについて、10月にも接種を始める検討に入った。使用するのは、従来株に加えてオミクロン株「BA・1」に対応した2価ワクチンとする。8日に開かれる予防接種・ワクチン分科会の審議を経て正式に決定する。

 現在のワクチンは、オミクロン株や派生型への効果が従来株に比べ低いとされ、ファイザー社とモデルナ社がオミクロン株に対応するワクチンを開発している。7月下旬から国内での扱いを専門の検討会で議論していた。

 国内ではほぼ置き換わった派生型「BA・5」に対しても感染を防ぐ抗体量の上昇が見込まれることから、厚労省は当面、従来株とオミクロン株の「BA・1」に対応する2価ワクチンの接種を進めることにした。両社から9月中に輸入が始まる見込みで、無料で接種を受けられる。

 厚労省は既に、2回接種を終えたすべての人を想定し、準備に入るよう自治体に促している。

 欧州医薬品庁(EMA)は7月、オミクロン株対応ワクチンについて「(BA・1、BA・5など)オミクロン株の亜系統によって大きな差があるとは認識しておらず、現時点で絞り込みはしていない」との見解を示し、BA・1対応型のワクチンの評価を始めた。【金秀蓮、矢澤秀範】

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集