特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

原爆投下から77年 なぜ長崎は米軍に狙われたのか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
原爆投下後、がれきの山と化した長崎市内=米軍撮影、長崎原爆資料館所蔵
原爆投下後、がれきの山と化した長崎市内=米軍撮影、長崎原爆資料館所蔵

 1945年、長崎市に原爆が投下され、8月9日で77年になります。なぜ米軍は長崎を狙ったのでしょう。そして、なぜ8月6日の広島市に続いて、長崎にも原爆を落とす必要があったのでしょう。【西部報道部・中里顕】

 Q:なぜ米軍は長崎に原爆を落としたの?

 A:重要な軍事拠点を破壊し、太平洋戦争(第二次世界大戦)を続ける日本を早期に降伏させようと考えたのが一つの理由とされています。長崎は戦艦「武蔵」を建造した造船所や製鋼所、兵器製造工場などが集まる日本軍の重要都市でした。

 米国は41年12月に日本が米ハワイの真珠湾を攻撃したことをきっかけに、第二次世界大戦に参戦しました。欧州を侵攻するナチス・ドイツが原爆の開発を進めているとの情報を得て研究を急ぎ、45年7月、ニューメキシコ州の砂漠で史上初の原爆実験に成功しました。原爆の投下目標とする都市は何度も変わりましたが、最終的に、広島市、小倉市(現在の北九州市)、長崎市となりました。広島市には同年8月6日に原爆が投下され、…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1833文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集