’22とうほく夏模様

山形花笠まつり ヤッショ、マカショ 2000人の舞街熱気 /秋田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 山形の夏の風物詩「山形花笠(はながさ)まつり」が5日、始まった。山形市内中心部でのパレードは3年ぶり。約2000人の踊り手たちが、紅花をあしらった花笠を手に舞を披露し、街は熱気に包まれた。7日まで。

 2020年は中止、21年はきらやかスタジアム(同市)に場所を移して行われた。60回目の今年は、新型…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

あわせて読みたい

ニュース特集